このメニューではクレジットカードの歴史についてお届けしています。
現金主義よりもクレジットカード

現金主義よりもクレジットカード


現金主義よりもクレジットカード
「クレジットカードの悪用犯罪が増えていてカードを持つのが恐い」という人も多くいらっしゃることでしょう。
しかし自己管理の徹底と、使用する際の注意事項を厳守することである程度未然に防ぐことが出来るのです。 米国ではクレジットカードが出てきた当初、小切手と併用して使われていました。
それが別の形で完成され出来たシステムがクレジットカードとなるのです。

日本国内で広くクレジットカードが普及してきたのは、今からおおよそ50年前程度となっています。
しかし現在においても依然現金決済が主流となっており、まだまだクレジットカードはこれからといった感じです。クレジットカードが初めて誕生した時期というのが、100年前でありアメリカとなります。
日本ではまだクレジットカードというものが無かったその時代に当時のアメリカでは一般的に利用されてきていたのです。




現金主義よりもクレジットカードブログ:18/10/11

自分じゃ飲まないつもりでも
社会人になると
「18時のお付き合い」って増えますよね~?

居酒屋などに行くと、どうしても
高カロリーの食事が多くなりがち…

でも、
友人たちと居酒屋に行くと、
自分だけ食べないように…なんて、なかなかできません。

ですから、
ダイエット中、居酒屋に行く時には、
いくつかのポイントに注意しましょう!

まずは、食べるメニュー。

いかに努力をしたところで、
居酒屋のメニューは高カロリーのものが豊富。

ですから、
直近の食事をどうにかすればいいのです。
結局はトータルのカロリーですから。

例えば、
飲み会があることが分かれば、
その日の午前中食や11時食は少なめにする…

もし急に決まった場合は、
次の日の食事を控えめにするといった方法です。

そうすれば、たとえ居酒屋で
カロリーオーバーになったとしても
プラスマイナスゼロにすることができます。

また、
ソフトドリンクを効率的に
取り込むようにしましょう。

別にずーっとソフトドリンクを
飲み続けている必要はありません。

周りに気を使わせてしまいますし、
何よりなんて、ぼくお酒が大好きですし…

なので、合間合間に
ウーロン茶などを入れるようにしています。

ビールというのはそれだけでも
かなりのカロリーがあります。

多少の違いはありますが、
ビールはコップ一杯で150キロカロリー程度。

ライスで換算すると、
ライスを軽く一杯といったところでしょうか?

何杯もビールを飲めば、
かなりのカロリーになってしまうんです。

そこで、ウーロン茶を要所要所で飲みましょう。

ウーロン茶ならノンカロリー。

またウーロン茶などの水分を摂取することで、
飲んだビールの代謝を高めることもできますよ!

現金主義よりもクレジットカード

現金主義よりもクレジットカード

★メニュー

いつでもクレジットカードで資金調達が出来る
若者に人気の楽天が発行しているクレジットカード
海外旅行や出張で役立つクレジットカード
毎月定額支払いをしていくリボ払いが一般的
クレジットカードを所持していれば海外旅行保険が付帯
クレジットカードは契約者の信用で後払いが可能
現金主義よりもクレジットカード
世界各国で利用出来る国際ブランド
損をしないで支払いをすることが大切
振込詐欺のような悪質な犯罪に注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)今さら聞けないクレジットカードの基礎知識