これまで一回もクレジットカードに申し込みをされたことが無い人も中にはいらっしゃることでしょう。
もし初めてクレジットカードを持つ予定があるのでしたら、まずはクレジットカードについて勉強をするようにしてください。 様々なっ国際ブランドがあり、ダイナースを始めとするアメックスやMasterCard、またVISA、JCBなどがあります。
これらは日本国内に限ったことではなく、世界中で利用することが出来ることから、国際ブランドと呼ばれています。

 

1980年になると日本国内でクレジットカードが普及し、次第に国際化が始まってきました。
そしてほぼ全てのクレジットカード会社が国際ブランドと提携して発行されています。多くのクレジットカード発行会社が提携をしている、クレジットカードの統括組織のことを別名で国際ブランドと呼んでいます。
現在では5大ブランドとして、その知名度が世界中に広まっているのです。



世界各国で利用出来る国際ブランドブログ:19/07/12

コンビニに行けば、
おいしそうなおやつがずらりと並んでいます。

チョコレート、アイスはもちろんこと、
季節の変わり目には、おいしそうな新作が発表され、
ついつい手が伸びてしまいます。

ですが、そこでストップ!
ダイエットをしたいのなら、
そういったおやつは控えるべきなんですよね。

なぜなら、おやつは油分がたっぷり含まれて、
高カロリーであるにもかかわらず、
ビタミンがほとんど含まれていないからです。
まさにダイエットの大敵なんです。

「おやつは一切抜き!」が理想なんでしょうが、
やはり甘い物を口にしたいときもあるでしょう。
そもそも我慢をするとストレスがたまり、精神的にもよくありません。

おれは、ダイエット中でも
おやつを食べてもいいと思っていますが、
おやつの「種類」には気をつけています。

食べていいおやつは、
「おやつ」ではなく「果物」なのです。

果物は、低カロリーでビタミンも豊富に含まれています。
そのわりに大きな固形物のためお腹がふくれやすく、
満腹感を得られやすいのです。
果物に含まれる果糖は、砂糖とは違って、
満腹感が持続しやすいという特徴もあります。

少量で低カロリー、ビタミンが含まれる上、
お腹がふくれやすいのですから、
これほどダイエット中に最適なものはありません。

おれはいつもおやつを買うといえば、
近場の果物屋です。

たまたま歩いて3分のところに果物屋があるので、
お腹がすいたときには、
コンビニではなくその果物屋へ行っています。

安くて品揃えがよく…
ミカン、バナナ、リンゴ、パイナップル、カキ…など、
お腹がすいていると、どれもおいしそうに見えますよ!


このページの先頭へ戻る