これまで一回もクレジットカードに申し込みをされたことが無い人も中にはいらっしゃることでしょう。
もし初めてクレジットカードを持つ予定があるのでしたら、まずはクレジットカードについて勉強をするようにしてください。 様々なっ国際ブランドがあり、ダイナースを始めとするアメックスやMasterCard、またVISA、JCBなどがあります。
これらは日本国内に限ったことではなく、世界中で利用することが出来ることから、国際ブランドと呼ばれています。

 

1980年になると日本国内でクレジットカードが普及し、次第に国際化が始まってきました。
そしてほぼ全てのクレジットカード会社が国際ブランドと提携して発行されています。多くのクレジットカード発行会社が提携をしている、クレジットカードの統括組織のことを別名で国際ブランドと呼んでいます。
現在では5大ブランドとして、その知名度が世界中に広まっているのです。



世界各国で利用出来る国際ブランドブログ:18/11/11

私は、高校を卒業するまで、
バレーボールをやっていました。

高校のバレーは厳しかったので、
食べないと体力がもたない!

お昼もチキンカツ2人前など、かなりの量を食べていたんです。
しかし、運動量が多かったので、
体質もひきしまり、むしろ体重も落ちていってたほどです。

きっと運動量とご飯量がうまい具合に
バランスがとれていたんだと思います。

ところが、
バレーを辞めてしばらくすると
ブクブク太ってしまいました。

運動をやめたのに同じくらいのご飯量を摂り、
バランスも考えないで、食べたいものを食べたいだけ食べる…

運動してる時に比べて、
ウエストだってそこまですいてないのに、
運動してる時と同じ感じでご飯をする…
太るのは当たり前ですよね。

だから、私は、
今の生活に合ったご飯を考えて摂り、
そして、できる時にはなるべく体質を動かすようにしました。

全く運動せず、ダラダラしてしまえば筋肉はどんどん衰え、
痩せにくくもなってしまいます。
それこそ、10時腕立てをやるだけでも違いますよ!

私は球技は得意ですが、
マラソンなどが苦手なんです。
だから、ジョギングなどは続かないので、
連日、10時腕立てをやっていました。

激しい運動ではないけれど、
全身を使い連日続けられるものなので、
何もしないよりはいいと思うんです!

以前運動をやっていた経験がある人なら、
得意不得意はあると思いますが、
体質を動かすことが嫌いなわけではないですよね!

運動が嫌いでない人なら
減量だって成功しやすいはず!

少しの運動と、ご飯バランスを考えれば、
きっとひきしまっていたあの頃に戻れるはずです!




このページの先頭へ戻る