日本国内でクレジットカードが普及してきたのはまだまだ歴史は浅いですが、それでも現代はクレジットカード社会とも言えます。
社会人にでもなればクレジットカード保持は当たり前のことであり、持っていないと信用出来ない人とも見られてしまいます。 もしキャッシングをされるのでしたら、金利にする必要があります。
キャッシングの場合におきましてはカード会社によって多少の差が生じますが、買い物の倍の金利ということもあります。

 

キャッシング枠はショッピング枠とは異なっており、貸金業法が適用されることとなります。
なのでショッピングと同じような感覚で頻繁に使用するのは危険とも言えるのです。多くのクレジットカードを使用することによって買い物だけではなくく、キャッシングもすることが可能となります。
キャッシングというのは資金調達をすることの出来る一つの方法であり、つまりは現金調達をすることが出来るのです。



いつでもクレジットカードで資金調達が出来るブログ:19/02/24

ダイエット中の主食として、
みなさまは、菓子パンとご飯、どちらを選びますか?
 
ダイエットに関して言うと、
ご飯の方が主食として適しているみたいですよ。

ご飯は、原料に水を加えてそのまま炊くだけですが、
菓子パンは、小麦粉にバターや砂糖などを加えて焼き上げたものなので、
その分ご飯に比べて高カロリーなんです。

また、それぞれの付け合わせ(おかず)の選択にも影響してきます。

ご飯の場合は、
豆腐や納豆、野菜の煮物などでおいしく食べることができますが、
菓子パンの場合は、ハムやベーコン、卵などが欲しくなりますよね。

トーストにした場合も、おいしく食べるためには
バターやジャムを使ってしまい、
結果として脂肪分を摂りすぎてしまうことになってしまいます。

トータルすると菓子パンの方が高カロリーになってしまうんです!

食事の量を減らすと、すぐにウエストが空いてしまう!
だから、量はそのままでカロリーは低く抑えたい…
そんな要望に応えてくれるのが、
低カロリーな食材を使った混ぜご飯です。
 
海藻や干ししいたけ、じゃこ、きのこ類などの食材を
ご飯に混ぜて味付けをしてみると、
おかずはそんなに摂らなくても、おいしく食べることができます。
結果として低カロリーな食事で、栄養もバッチリです。

また、満腹感を得るためには、
ご飯を「おかゆ」にしてしみてはいかがでしょう?
じっくり煮込んだおかゆは、元々のご飯の量が少しでも、
食べごたえがあり、かなりの満腹感が得られます。

ご飯1杯を、おかゆ1杯にかえるだけで、
約90kcalもの摂取カロリーを減らすことができるんです。

ダイエットのために、ご飯を活用しましょう!


このページの先頭へ戻る