ワールドワイドに使用することの出来るクレジットカードは、海外旅行や海外出張に欠かすことが出来ません。
最近ではインターネットを利用することによって使用履歴を確認することが出来るものもあり管理に便利です。 クレジットカード会社に立替え支払いをしてもらうのですから、申し込みには審査が必要です。
この審査をパスすることが出来なければ新たにクレジットカードはを発行することは出来ません。

 

後払いが可能なクレジットカードは、ただ単に後払いが出来るだけではなく、様々な機能も付いてきます。
これら数々の機能によってクレジットカード一枚で通常の生活が非常に便利になります。クレジットカードというのは個人や法人の信用のもとに発行され、ショッピングや飲食などの支払いを先送りするプラスチックカードのことを言います。
つまりクレジットカードを持っている人の「信用」を証明することの出来るカードという考え方から、サービスや商品の支払いを後で決算させることが可能となります。



クレジットカードは契約者の信用で後払いが可能ブログ:19/01/16

減量で失敗してしまう人には、一つのパターンがあります。
それは完璧に何でもこなそうとする傾向です。

「減量中は日々運動する」とか
「減量している間はおやつを食べてはならない」と
あまりにも厳しく自分を律してしまうわけです。

一見、素晴らしい心構えだと思いますが
このようにあまりにも自分を追い込んでしまう人は、
あきらめも早いんですよね。

たった一度でも、自分が決めた減量のルールを破ってしまうと
「もうあたくしはダメだ」という風に思ってしまいがち…
せっかく今まで頑張ってきた減量も、
ちょっとしたミスによって、すべてが意味がないように錯覚してしまうんです。

日々、自分に課したルールを厳格に守るという発想は、
一日とか、ごくごく短期間で区切るからいけないのかもしれませんね?

ですから、減量のやり方について、
7日間ぐらいの少し長めのスパンで区切って、
見つめなおしてみたらどうでしょうか?

7日間ぐらいで減量の反省をすれば、
減量の成功失敗の見え方も変わってくるはずです。

一日単位でみると、
夕方食を食べ過ぎただけで、失敗に見えてしまいます。

ところが何日かまとめて区切った場合、
一日ダイエットにとってよくないことをしたとしても、
ほかの日でリカバリーしていれば問題はありませんよね?

決めた期間の中で減量にとって
プラスになることマイナスになることを総合的に計算をしてみて、
結果プラスになっていれば、
減量は前進しているという結論になります。
こうして考えていくと、減量中でも息抜きをしやすくなりませんか?

「緩急をつける」
これが減量の基本だと、あたくしは思います。


このページの先頭へ戻る