各社から発行されているクレジットカードは、それぞれ特徴を持っており、利用者によってはお得ではないこともあります。
つまり大切なのは、自分の日常生活と仕事の面を考えてそれに見合ったクレジットカードを選ぶことなのです。 カード犯罪が多発してきている現在、クレジットカード会社の名前を使っての振り込め詐欺の被害も出てきています。
カード所持者というのは発行会社との連絡を素早く行うことが出来るように予め対応しておく必要があるのです。

 

今ではクレジットカードの中にICチップが搭載されていたり、また顔写真が掲載されているタイプも出てきています。
万全のセキュリティを望むのでしたら、そのようなセキュリティ対策がされたクレジットカードが望ましいと言えます。クレジットカードの盗難やスキミングによる犯罪というのはプロの犯罪集団によって組織的に行われています。
カード所持というのは暗証番号の管理は当たり前のこと、 カードでの支払いをする時には目の前で処理をしてもらうようにしましょう。



振込詐欺のような悪質な犯罪に注意ブログ:18/12/14

手足に冷えを感じる「冷え症」は、
血行不良が原因で生じるもので、
ダイエットの妨げにもなります。

冷えを改善するためには、
からだの内側から温めることと
からだを温める食事が欠かせません。

まず
からだを温めるには、体幹を温めることが大切です。
体幹とは「からだから手足を抜いた胴体」のことで
いわゆる内臓がある部分です。

からだは生命維持に欠かせない内臓へ優先的に血液を送るため、
冷え性の場合は手足の末端に十分に血液を運ぶことができずに
冷えを感じてしまうんです。

からだを内側から温めるには、
適度なトレーニングを意識して行ないましょう。

トレーニングは血流を良くするので、
末端まで血液が運ばれやすくなります。
代謝も上がり、脂肪が燃えやすいからだに繋がります。

40℃前後のぬるま湯に浸る半身浴も、
からだの内側から温めてくれます。
お風呂上がりには、冷え防止で靴下を履くようにしましょう。

なお、
締め付けすぎる下着や服装は血行不良なりやすいので、
ゆとりのあるものを重ね着しましょうね。

次に食事面では、
冷え症に効果のある栄養素として
主にビタミンEとビタミンCがあります。

ビタミンEは血管を拡げて血行を良くしたり、
ホルモン分泌を調整するはたらきがあり、
ビタミンCは血液の主要材料となる鉄分の
吸収促進や毛細血管の機能を保持してくれます。

他にも生姜や唐辛子などに含まれる成分は、
代謝を上げて、からだを内側から温かくしてくれる作用があります。

寒くて冷え性が辛い季節には、
食事内容の見直しで改善してみてくださいね!

・・・と、こんな事書いてみる

このページの先頭へ戻る